CCleaner v4.10.4570 他のアップデートが公開されましたー。

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

CCleaner v4.10.4570 他のアップデートが公開されましたー。

Download-CCleaner-4-0-5どもー。 MONKEY_THE_100th こと Bardo です。つい先日、CCleanerRecuvaがバージョンアップしましたのでまた新しくなった点などをご紹介していこうと思います。
例によって例の如く、日本語が怪しい部分につきましてはそれとなく次回のバージョンに向かって鋭意修正を実施します。

 

と、そのまえに。

実はですね。ここで突然ですがCCleanerの翻訳を行うこととなった昔話でも書き連ねておこうと思います。

俺がCCleaner(他、Piriform製品)の日本語翻訳を出かけることとなったのはとあるサイトとのweb上の出会いがきっかけでした。その名は Two Clicks。いまはもう運営を辞めてしまわれた海外ソフトウェア紹介サイトの先駆けでした。過去にMaxthon(旧MyIE2)のオリジナル日本語言語ファイルの配布なんかもやっておりましたが、そのきっかけとなる出会いは Two Clicks さんだったわけです。
まだ、タブブラウザ推奨委員会(Maxthon v1の公式翻訳者さんのサイト)を知る前のお話ですな。

その後、Maxthonのオリジナル日本語ファイルの配布はver.1の終わりまでSugaさんという方にサイドメニュー関連で世話になりつつやってました。ver.2からはちょっと自分が求める方向性とは違うなと感じてやめちゃいました(ver2以降はbarlogさんが携わっておられます)。ググると今でもそのあたりの断片が出てきますな。

そんな折、なんと Two Clicks がサイトを閉鎖するということになりまして。俺は大いに悲しみつつ、大いに感謝しました。海外ソフトには日本にはまだないいろんな面白いものがあると気づかせてもらいました。
そのとき、ポツっと管理人(Kazukichi)さんがつぶやくように書かれていたのを目にしたんです。

「Crap Cleaner(CCleanerの前身のソフト名)、日本語翻訳誰かやらないかな」

これを目にしたとき、俺の中で何かがはじけてまざりました。ビッグバンアタック。そこから翻訳にはもはや御用達(当時)の ResHacker というソフトをぐりぐりさわって日本語版のリソースファイルを作成し、当時の作者である Mr.G にいきなり送りつけたのです。
現存しているメールを発掘するかぎり、最初に出したのは「Wednesday, June 09, 2004 6:35 AM」であります。

そう!つまりCCleanerの日本語翻訳を手がけて今年で10年!ディケイドです!
タイミングが悪いことに今年は本厄だってさ!おのれディケイド!
ぃぇぃ♪

これまでお力を貸していただきましたすべての皆様。ありがとうございます。そして、CCleanerの雑誌掲載でクソガキのようなメールを送りつけてごめんないネットランナー(の編集のKさん)。
翻訳ミスについていろいろ叱咤激励してくれました某スレのみなさま。いつもありがとう。

 

えー、さて。では新機能の簡単なご紹介をば。

すでにみなさんいろいろ触られていると思いますので簡単に。
ProバージョンではFreeバージョンにない機能が新たに加わっています。これまでPCの起動時に”CCleanerを実行”するというオプションがありましたが、これが任意のタイミングでできるようになりました。一回だけ、数日間、毎週、毎月、任意の一回。お好みで。
cc1画像を大きくしてもらえると分かりますが、これまでの「コンピュータの起動時にクリーンアップを自動実行」の次に「Run CCleaner on a schedule」というチェック項目があります。翻訳されてませんが、これは俺のせいではないのですが書くとややこしいので気にするな。
日本語だと「CCleanerのスケジューラ実行」というものです。簡単に言えば、タスクスケジューラにCCleanerの起動を登録するのですが、これまでのようなPC起動時だけではなく細かく指定できるようになります、ってことです。人によってお好みでクリーニングの自動実行が設定できるという優れものなのよ。

はいそこ、自分でタスク設定すればいいとかいうんじゃありません。

 

便利っしょ。

そしてそして。お次は「ユーザー」項目が新たに加わってます。これは、簡単に言えばいまログインしてるユーザーのみならず自動クリーニングに他のユーザーアカウントも対象にするものです。
cc2人によってはCCleanerを意識してないアカウントもこれでお掃除の対象に!右の画像は俺しかいませんけどね・・・。ご家族もしくは会社などで複数のアカウント登録があるPCなんかを使用している場合はこの機能でいつでも全員分のゴミをお掃除できます。

 

 

 

untitledちなみに試しにGuestアカウントでCCleanerを機能したときの例です。こちらにはなにもでてませんね。

 

 

 

 

そしてお次はRecuvaです。といっても、目に見えない感じのバージョンアップとかフィックスがメインですので画像の紹介は無しです。ごめんなさい。

 

ということで、今年本厄の MONKEY_THE_100th こと Bardo が翻訳をしているソフトウェアのご紹介でした。(=゚ω゚)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*