暗黒放送R BAN

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

暗黒放送R BAN

2010年6月25日。ニコニコ生放送において開催された第3回ミドリンピック。今回は水泳競技による外配信ということで平日昼間にもかかわらず8ヶのミラーが出るという盛況っぷり。

しかし、番組中に出演者のハニー大木が持ち前の生主精神によってケツ出し、(水中とはいえ)局部を晒すというある意味で体を張った結果、番組が放送中にBAN。
続いて2009年3月からニコニコ生放送の黎明期から特異なスタイルで放送を続けてきた暗黒放送(現:暗黒放送R)のコミュニティがBANされるというまさかの事態に。

放送自体の直接のBAN理由はもちろんハニー大木が理由だとは思うが、コミュニティBANはこれまでの自身のBAN累積も影響した模様。

その後、BANを知らされた(ミドリンピックが終わるまでは放送BANなのは知っていたが暗黒放送コミュがBANなのはネタだと思っていたらしい)ハニー大木はガチ泣き。あまりの泣きっぷりにヒーロー☆見習い、まったん他が慰めるというあまりの低テンションっぷり。
某Mが企画したBBQも参加者を映すなということもあってか暗黒組の参加もなくなり、しかし腹が減ったということでジョナサン配信へ。

心配した力也からの電凸、ウナちゃんマンも病院の待合中に電話と、暗黒放送の影響力を垣間見た感じだった。

まぁすぐコミュニティは新たに作成してくると思うんだけど、このタイミングでのコミュBAN。穿った見方をするコメントもあった。

俺としてはぜひとも復活して欲しいねぇ。


追記

2010.06.25 16:00:12 by 伊予柑

おいw 仕事はやすぎw

つか、ちくわちゃんとこからBAN基準を持ってくるなw
正確な情報は分かってるだろwww


さらに追記

2010/06/25(金) 18時未明にコミュが復活しとるがな!
お帰り、黒ゴマ。


さらにさらに追記

運営から異例の事態となったこの件について事情を説明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*