JT、10月1日からたばこ値上げ実施へ

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

JT、10月1日からたばこ値上げ実施へ

ロイター曰く

日本たばこ産業(2914.T: 株価, ニュース, レ ポート)(JT)は16日、たばこ値上げについて財務相から認可を受けたと発表した。たばこ増税に伴う値上げで、10月1日から実施する。

今回の増税は1本あたり3.5円。増税幅が大幅なことから、過去の増税時を上回る大幅な販売数量減が予想されるとし、増税分以上の値上げ を行う。

値上げを行うのは、紙巻たばこ100銘柄・かぎたばこ2銘柄・刻みたばこ1銘柄の計103銘柄で、マイルドセブン等33銘柄は現行の 300円 が410円に、セブンスターやピース等14銘柄は300円が440円になる。

なのだそうで。こちらに価格表を財務省のサイトから持ってきたんで喫煙家の方は各自愛飲しているたばこの値段をご確認ください。

この値上げについては賛否両論あることと思います。嫌煙家やたばこ反対派の方々からすれば、この値上げによって喫煙家人口の減少が見込めるだろうと考えると思うので反対はしないでしょうな。
反対に、喫煙家からすれば、110円の値上げというけっこうな負担を強いることに、心情穏やかではないと思います。.

俺はこの値上げ決定の話が取りざたされたときから、長年愛飲していたラッキーストライクから別名おじいちゃんたばこと言われているechoに切り替えました。喫煙は煙をふかすのが目的であって、銘柄ではないから。俺の場合は。
でも今回の値上げ対象ではないのですよね。ラッキーは。ま、それでもechoの方が安いのですがね。

海外では喫煙している人は出世できないと見聞きするが、これって「捕鯨反対を掲げる人々」のようなヒステリックな印象を覚えます。ちょっと違うかな。ネット的な政治論調でいえば「左派は自らと意見を異にする相手に攻撃的だ」みたいな。これもちょい違うか。
たばこをことさら悪と考えるのは非常におかしいことだと思う。迷惑をかけてるというのであれば、場所を限定し今よりも持って強制力のある懲罰を設ければいいだけ。それは全然問題ない。むしろやれ。それは問題ない。ところ構わず吸う方が悪い。
だが、吸うことそのものに異論を唱えるのは間違っている。文化だろうとまで壮大なことはいわない(廃れる文化もあるけどさ)けど、それは人の自由を妨害すること。健康被害とかいってるけど、海外ではたまに聞く、裁判に訴える喫煙家がいるようで。ぶっちゃけそれは頭がおかしい。健康被害はリスクとして承知している、もしくは承知した上で吸うというのが喫煙家の正しい姿。

また、喫煙可能なエリアの設置について文句を言うのもまた筋違い。住み分けようという意識のなさから来ることだと考えます。それ言い始めたら、バイク乗りの目線からいって路上パーキングをなくせ(バイクには使えないし1車線つぶすのは渋滞も引き起こすし左車線を走行するように指導されているバイクとしては邪魔で危険な存在でしかない)っちゅーのもまかり通ってしまう。
ま、こういうこと言うとヒステリックな嫌煙家の琴線に触れそうですがね。そもそも根絶しようと考えているものだ~とかって。もしくは例えになってないとも言われるでしょう。それは承知で書いてるんですがね。住み分けようという意識の有無についての話ですので。

税収的にいえばこれで補おうと考えるのはいずれにしてもおかしいのですけどね。恒久財源ではない場合の増税は得てして一時的には目的を達成しても以降は続かない。また、喫煙家そのものが本当に0となった暁には当然見込んでいる税収を他にふらねばならなくなるわけで、総体として消費は冷えるでしょう。

ま、1喫煙家の戯れ言。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*