GIGAZINEの求人をみた

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

GIGAZINEの求人をみた

詳細は【求人募集】GIGAZINEのために働いてくれる記者・編集を募集しますを観ていただきたいと思います。 ここでは、実際に求職活動をしている身から、ちょっとだけつらつら書いていこうかと思います。

まず、GIGAZINEがそういった人を求めてるのかってとこですが

端的に言うと、自分の時間を切り売りして時給換算し、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」というような消極的考え方をする人ではなく、「自分は GIGAZINEだからこそできることをするためにGIGAZINEで働きたい、ほかのところでは働きたくない!」というプロフェッショナル的な考え方を する人を求めます。余所でも働こうと思えば働けるような人ではなく、「GIGAZINEだからこそ働きたい!」という人を求めます。

ということだそうです。

10名程度の規模だということなので、今自分たちが求める人材を言葉にするとしたら、たしかにこういう人物像なんだなあ、という印象はあります。

しかしその一方で

そもそも私自身の価値観や世界観、問題意識や目指すものとあまりにも違いすぎる人材が多数派を占めるに至り、「払われた金の分だけしか働かない、働きたくない、記事を書くのは面倒くさい、そもそもできれば書きたくない」という風潮が編集部内に蔓延し、そのことを明言する者さえ現れました。

とも書かれており、これは編集長が恐らく自認しているとおり自分の責務ですね。面接受けたことないからよく分かりませんけど、入社前に「私自身の価値観や世界観、問題意識や目指すもの」を説明しているのかさえ疑わしくなってきます。
もっとも、記事を書くのさえ面倒とかいう話は自身の職業そのものを否定することになるのでそんなバカはさっさと切れと思いますが。
もっといえば、フリーの物書き(要はGIGAZINEの立場になって記事を書ける外注)にやらせるとかって方法は色々あったはず。

ほかの編集部員の機嫌を損なわないように顔色をうかがって基本的に命令はせず「お願い」ベースでいろいろなことをやるようになり、次第に編集部員 の一部が増長しはじめ、「業務時間外だから何も手伝わない」というような状況にまで至りました。上から命令されるということが無く、いくらでもリスクゼロ で命令を好きなだけ拒否できるため、支離滅裂な状態になっていきました。

GIGAZINEで働くという事は、普通の雇用主と労働者の関係とはまったく違うのです。「ニュースサイトで記事を書くというのは、普通の労働とは絶対に違うのだ!」ということを事前にちゃんと理解していただきたい

ということが書かれていますけど、これはおかしい。雇用を超えたものを目指しているという事がおかしいのではなく、それは雇用関係をしっかりと守った上で「社是」として掲げるべきものであって、「編集者としての使命感」であって、雇用契約とは一切関係ない。そこを誤解している。

だいたい、「上から命令されることが無く」ってなんですか。あなたが長でしょう。雇用しているのでしょう。そんな状態を作り出したあなたに責任がある。そもそもがどこの会社で「いくらでもリスクゼロで命令をスキなだけ拒否できる」なんつーことがまかり通るのか。
転勤とかならともかくとしても。

別に責める気は毛頭ないです。俺自身、現在休職中の身。勤務場所が大阪でなければ応募していたかも知れない(GIGAZINEそのものはけっこう好きだしよく読んでるし、編集という仕事にも興味はある)ので、恐らく届きはしないこのブログからエールは送っておく。

ま、給料がいくらなのか。労働条件がどうなっているのか。蚊帳の外である俺には知りようもないし、今回は求人に至る経緯といういうなれば「一方的な意見」でもって判断しているのでさほど踏み込んでいけませんけど、雇用される側の立場からすれば、編集者であっても生活しなければならないのであって、編集という仕事を契約上の仕事と割り切っている人がいたとしてもおかしくはないし、それを責めるなんつーのは解せない。そうでないことを祈る。

人を見極める能力がないとまではいいませんが、得てして雇用するということをなにか誤解してはいないか。そこが非常に気になる。なにを誤解しているか。今回の文章を読めば歴然としている。あなたは雇用を理由に自分自身を募っているのであろうから。

自分なら「自立的にしてくれることを期待」できるし、「土日祝も休まずありとあらゆる犠牲を払える」し、「ただの「労働」として捉えているような者との価値観の落差」を感じることもないから、そう考えてはいませんか。

ごめん、先にも言いましたが休職中であるので、世の中あんまりにもスーパーマンを求める(そのくせ募っている側はそれにおんぶにだっこしようとする求人の多いこと多いこと・・・)風潮もあって、ちょっと噛みついちゃいました。
なにが言いたいかっていうと、編集長、あなたの人を使うスキルのせいで現状が生まれたことをもう一度よく反芻し、さりとて雇用というものの意味はもっかい考え直してくださいってことです。雇用しているんだから言うこと聞かない社員は辞めさせてけっこう。ただ、求める人物像があなた自身ではなく、あなたの考えを尊重できる人にしてくださいってことです。尊重できる人を求めているようで、俺にはあなた自身を募集しているようにしか受け取れない。

やや感情的な文章なので、気にしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*