クラタス、ついにamazonで販売へ

buynow_amazonengadget 日本語版曰く、鍛冶師である倉田光吾郎氏(http://ironwork.jp/monkey_farm/)とヒューマノイド用インターフェイスソフト開発者の吉崎航氏(http://t.co/ovek639RB3)が共同で手がけている、操縦可能なロボット「クラタス」(水道橋重工)が、日本ではネット通販最大手であるamazon.co.jpでスターターキットとして販売が開始されたと報じている。
早くも在庫切れとのことで、かなり注目が集まっている様子。

2012/7/27の幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル2012[夏]」で初めてその姿を表したクラタスだが、ついに一般販売(海外も視野にいれて以前から水道橋重工では受注そのものは開始されていた)となった。

おそらく、これは人類史上もっともエキサイティングな出来事だ。

Continue Reading →

Facebook、新たなボタンを追加予定か

untitledCNET Japan曰く、Facebookはこれまでソーシャルボタン「Like!」、日本語版での「いいね!」とは別に、悪い知らせに対する「Sympathize」、日本語では「同情」・・・表現するなら「わかる」ボタンだろうか・・・の提供を検討し始めたという。

これまで、Facebookの自分のページに記事をリンクする場合、「好意的」という意味でしか行うことができなかったが、たとえば悲報などあきらかに悔やみの意味を込めたリンクまで「いいね!」というのはいかがなものだろうか?という議論は国内でもたびたび繰り返されてきた。
今回、こういった感情(エモーション)のバリエーションが様々な場面で切り替えて使用できるようになるかも知れない。 Continue Reading →

Apple、モーション制御製品を扱うPrimeSense社を買収

engadget 日本語版曰く、米アップル社はモーションキャプチャー関連制御primesensesensor071613技術品(Xbox 360 のキネクト、そのうち物体の奥行きを認識する技術)をとりあつかうPrimeSense社の買収を認めたそうだ。
画像はPC向けKinect風センサー Wavi Xtion とよばれるキネクトのような製品。ASUS社が販売している。

買収にかかった費用は約3.6億ドルとも報じられているが、なぜ米アップル社がPrimeSense社を買収したのかはまだわからない。おそらく今後のアップル製品にこの技術が投入されるであろうことは想像に難くない。 Continue Reading →

ネット通販国内最大手amazon、ビデオ・オン・デマンド事業参入へ

Amazon-LogoYahoo!ニュース曰く、ネット通販では国内で最大手となるamazonが、日本国内向けの映像配信サービスをまもなく始めることがわかった。方式はこれまで多くの動画配信サイトでも採用されているVOD(ビデオ・オン・デマンド:視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴する事が出来るサービス)だ。

NHK、TBS、テレビ朝日など「全在京民放キー局」のコンテンツの他、映画等を提供する見通しだそうで、規模としてどの程度のになるのかはまだ未知数だが満を期して登場することになりそうだ。

いまのところ規模的にはまずは数万本とみられており、TSUTAYAとほぼ同等であろうと考えられるが、すでにamazonではコンビニなどでamazonギフトカード(電子マネー)を取り扱っており、これをこのVODにも使用することができるはずだ。ギフトカードで購入したあまりを有効に使用することができるようになれば、利用者としてもありがたい。

筆者は海外ドラマが大好きなのでそれらを中心に扱っているHuluに加入しているが、amazonがそれらをカバーしないとも限らない。ということで、こちらにも注目していこうと思う。

メディアの移り変わり:文字、映像、声 … 実はこの繰り返し

untitledIT Meidaニュース曰く、Yahoo! Japanと音声投稿アプリ「Bubbly」を提供するシンガポールに拠点を置くBubblyは11/15、両社の連携第1弾としてBubblyの日本版WebサイトをYahoo!知恵袋内にオープン。今後、同サービスはYahoo!知恵袋と連携し、検索結果に連動して音声投稿も表示・共有するということらしい。

現状では、Yahoo! Japanの検索における1コーナーといった感じだ。

なぜQAコーナーと連動する必要があるのか筆者にはよくわからない。思いつく限りでは「この歌ってなんでしたっけ?」と鼻歌で歌って質問したら回答が得られる、そういう感じで今後カスタマイズされて使われていくのかもしれないが、この発表ではシチュエーション的には逆だ。 Continue Reading →