ニコニコ動画 → niconico Zero へ。原点回帰がテーマ・・・だがっ!

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

ニコニコ動画 → niconico Zero へ。原点回帰がテーマ・・・だがっ!

平成24年5月1日(火) 12:00をもって「ニコニコ動画(原宿)」が新しいバージョン「niconico Zero」へ切り替わった。ここではユーザー視点で変化したところを解説しながら、筆者が個人的に感じた部分を遠慮することなくぶつけてしまおう。twitter上でのZeroに対する意見もここでは参考にさせていただいた。

一般会員(無料)にはまだ公開されていないため、現時点での速報としてもなるべく全般にわたって紹介する予定だ。

 

■TOPページ

http://www.nicovideo.jp/ でアクセスできるニコニコTOPもZeroバージョンにあわせてデザイン面での変更がなされた。対比のために旧・原宿バージョンの同じものを並べてみたので参考にしてほしい。
これまでは白を基調としたポータルサイトであったTOPが、黒を基調としたZeroバージョンとなった。細かい点だが、原宿バージョンよりも空白部分の色(背景色)がほんの少し輝度を落として灰色になっている(画像をクリックすることで分かるだろう)。

 

左:原宿バージョン   右:Zeroバージョン

ページ内の情報としては、これまでと配置も量も同じだ。TOPだけで判断した場合は単純な見た目のリニューアルを行ったという印象が強い。

これまでは「」のような、手書きっぽさを追求したフォントやグラフィックを随所に多用され、いかにも「ゆるーい」感を演出していたが、Zeroバージョンではこれらがほぼ廃止された。黒を基調としたデザインであるZeroは、見た目の印象も締まってみえるためサイトもぐっとこれまでよりも大人びた印象に。

なお、左上の「クリックすると検索ページへ移動する、ゆるーいイラスト(アイコン)は健在だ。

 

■動画ページ

動画ページTOPも先述したサイトリニューアル的な印象を受ける。筆者はとある方法で広告部分を消し去っているなどの都合から、画像では配置が若干食い違うように見えるが、基本的には原宿バージョンからZeroバージョンに大きな変化はみられない。

左:原宿バージョン   右:Zeroバージョン

ただし、動画をいざ視聴しようとすると、これまでとは大きく異なる変化に、思わず筆者も驚きを隠せなかった。twitter上でも新しいプレーヤーは「使いにくい」「改悪だ!」とさえいわれており、あまりの変化に戸惑っているだけではない、決定的な問題があるように筆者も感じている。
では、その部分を紐解いてみよう。

まず、これが原宿バージョンの動画視聴ページだ。プレイヤー部分とコメント部分がほぼ同じ幅であり、そして非常に各機能がコンパクトにまとまめられている。
初代のニコニコ動画プレイヤーから原宿となって以降も地道に小さいながらも細かく変わっているのだが(この辺りは先日のニコニコ超会議で展示もされていたので覚えている諸兄もいることだろう)、基本的な視聴機能という面ではほぼ踏襲という形式であった。

 

 

そして・・・これがZeroバージョンの動画視聴ページだ。

Zeroバージョンの発表内容には画面サイズが拡大する旨、すでに報じられているが、その他にもこれまでページ下部にあったニコニコ市場が画面の左側に移動され、また画面下にはリアルタイムに切替可能な「関連動画」がまるでApple社のMacintoshで採用されているDockランチャーのような表現で採用された。

また、動画を視聴中にマウスカーソルを画面から移動すると、視聴画面の周辺が普段よりも暗くなり、より動画に集中できるようになった。

 

左:マウスカーソルが動画部分にある
右:マウスカーソルが動画部分にない

おわかりだろうか。ニコニコ市場とコメント一覧部分が暗転し、動画だけが浮き出たような状態となって、より動画視聴に集中できるようになった。Firefoxなどのアドオン(Youtube等をみる際に動画部分以外を暗転させる)に似たような機能がある。また、当サイトでも画像をクリックした際に周辺が暗くなるのだが、これと似たようなものだ。

また、Zeroバージョンでは大きな変化がある。コメント欄だ。これまでのコメント欄は動画の下部分にシークバーがあり、ここにあったのだが、新しいZeroバージョンでは「動画の上にコメント欄のレイヤーがある」ようなスタイルとなった。

是非とも左の画像をクリックして確認してほしいのだが、動画の真ん中辺りに角の丸い白いバーのようなものが見える。これがコメント欄だ。

これまでは動画の真下にあったコメント欄が、動画に重なってコメントを書くというこれまでのスタイルから大きく変わった。このことに、筆者も含めてtwitter上でも違和感や改悪を叫ぶユーザーが多くいるようだ。

ちょっと目を落とすと、動画部分にマウスカーソルを合わせると出現するシークバー。各ボタンが大きくなり押しやすくなっているのだが、どうもこのためにコメント欄を配置する場所が無くなってしまったのだと思われる。

この動画視聴ページの変化に、具体的にこうした方がよいと合成画像を作成するユーザーや、そもそもこのデザインが「ニコニコZEROの新しい画面は中国の動画サイトTudouに似てるんだよなぁ・・・」と指摘するユーザーもいた(実際にみたいという諸兄はこちらを)。
また、「Zeroになって怒ってるやつよ。 新参とともに同じスタートラインに立とうではないか」と呼びかけるユーザーまで様々だ。

また、動画の視聴ページが横に大きく広がったために、たとえば1024×768の解像度では動画を見る前に位置あわせをしなければならなくなった点も問題点として指摘したい。というのも、1470ドットが表示できる画面を所有していなければ、このZeroバージョンの視聴ページははみ出てしまう。
そもそも、ニコニコ市場が動画の横に鎮座する必要はないのではないか。

動画サイズを大きくするのはよいのだが、それにともなって捨てている部分というのもあるのだな、と感じた。だが、画面サイズの小ささでいえば、緊急の出張や旅行などにネットブックやそれに類する画面サイズのPCではかなり見づらくなってしまったという印象を覚えた。
昨今の動画のHD化や大画面でみたいという要望に応えた形だが、かえってそれが仇となってしまう部分もあるのだという認識。この辺りは是非ともユーザーの意見としては声を大にしていいたい。

見逃してはいけないもう一つの部分は、「投稿コメント」が一見して分かりづらいところだ。原宿バージョンでは一部が表示されており、続きはリンクをクリックすることで確認できるが、Zeroバージョンでは動画のタイトルにマウスカーソルを合わせることで、初めてリンクがあると分かるような細工になっている点だ。
マウスオーバーしなければそこに何があるのか分からなくなっている必要はないだろう。

[2012/05/02 追記]
Zeroバージョンは現在も改善作業が進められているようで、この部分についてはリンクを挿入するなど改善策が図られているようだ。

 

 

投稿者情報がページの下側へ移動しているのもよく分からない点だ。ニコニコ市場を画面横にくっつけて、大事な著作権者の情報たる投稿者の情報を下に移動する意味が分からない。
分かる人がいるとするならば、それはニワンゴ側の都合に精通している人くらいなものではないだろうか。

 

Zeroのテーマは「原点回帰」。ニワンゴにおける原点とは何か。それは、「ユーザー同士の共感や連携(コラボ)による様々な昇華」なのだろうと筆者は考えている。誰かが作曲する、曲を作る、歌う、踊る、MAD。これらはユーザー同士が互いにいいものを認め合って、それを自分の糧としてさらにすばらしいものへ成長させる。
また、コメントによる弾幕や補足、それにAAなどといった装飾を受けて動画そのもののおもしろさが倍増する。コメントが右から左へ流れることは、きっかけではあってもそれがすべてではない。

今回、Zeroバージョンの実装によって、様々な意見がおありだろう。一言持っているぞ、という方はtwitterのみならず、是非ともパブリックコメントを運営に対して残してほしい。

■新バージョンZeroに伴う変更点
事前告知でお知らせしていますが、動画視聴プレーヤーの画面サイズ、ニコレポ、プロフィール画像のno image画像が変更になっていますのでご確認ください。

マイリスト追加ボタンの場所など、動画視聴ページの変更点について詳しくは動画視聴ページの変更点についてをご覧ください。

■新バージョンZeroへの要望・不具合報告
新バージョンZeroへのご意見、ご要望を掲示板で募集しております。

動画視聴ページについては、動画視聴ページ右下にフィードバックを書く機能がありますので、
下記の場所から要望をお寄せください。
feedback.jpg
フィードバックを受けた動画視聴ページの更新情報は開発者ブログでお伝えします。

マイページに関してはマイページ要望スレ
Nsenに関してはNsen要望スレ
へそれぞれお書きください。今後の開発の参考にさせていただきます。

生まれ変わった ニコニコ動画:Zeroニコニコ生放送:Zero、そして niconico 。ユーザーのみなさんと一緒に盛り上げて行ければと思っています。どうぞよろしくお願いします。

※ニコニコインフォ「ニコニコ新バージョン「Zero」スタート」(2012年05月01日)より

 

時間があれば、生放送および静画などについても記事を書いてみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*