善意の輪を止めないように・・・

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

善意の輪を止めないように・・・

YOMIURI ONLINE(読売新聞)によれば、タイガーマスク本人がついに動いたそうです。
以下、引用。

 新日本プロレ スと広告代理店「大日広告」(浜松市中区)が、「善意の輪を止めないために何かできないか」と考え、タイガー本人の慰問が実現した。タイガー は、子供たち全員と握手をして交流を深めた後、自転車4台とプロレス観戦チケットをプレゼント。子供たちはタイガーに「寝る時にはマスクを取るの?」「な んでプロレスラーになったの?」と様々な質問をぶつけ、楽しんでいた。

ふとしたきっかけから始まった社会現象「伊達直人」を名乗る善意の寄付。現在ではニュースにも出てくることはなくなったが、その善意の輪は確実に我々に正しいとはなにかということを思い出させてくれた。
今回、タイガーマスク本人(本名も伊達尚人なのかは非公開だが)がこうした動きに賛同したことにより、その昔は「あしながおじさん」という表現、いまでは伊達尚人という表現になるかと思うが、こうした善意の寄付の形が日本でももっと定着してくれれば、と筆者は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*