Windows8とはいったいなんなのか

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

Windows8とはいったいなんなのか

以前お伝えした「Windows8はリボンUIを採用!?」ではリーク情報を基に記事を執筆したのだが、今回マイクロソフトが世界に向けてプレビューを行ったのでその内容を紹介するとともに、今後のWindowsについても書こうと思う。

次期Windowsと称される「Windows8」ではこれまでのUIの他に、Metro UIと呼ばれる、Windows Phone 7で採用されているUIが採用される見通しだ。

 

そのUIは、まるでタイル(たとえばお風呂の壁などに四角板を並べたもの)を並べた印象のもので、それぞれがより具体的には画像や音楽、予定などのオブジェクトであり、横に滑らせて閲覧したり検索したりタップして選んだりということが可能だ。

今回、マイクロソフトはこのUIをPC用Windowsに採用するようである。これはWindowsの歴史上でもたびたび発生する操作革新の一環と言える。

操作性の大きな変更はしばしばこれまでの製品に慣れた者にとっては混乱をきたすともいえる(とくにビジネスでは操作性が変わると言うことは社員教育にも影響しうる部分だ)が、このWindows8ではWindows7調のUIにも切替可能とのことなので、さほど混乱は少ないだろう。

 

Windows8のMetroUIはWindows Phone 7のそれとよく似ている。実際にYoutubeには動画をマイクロソフトが掲載しているので、こちらでもリンクを貼っておこう。
この動画によれば、指によるオペレーションを行っていることからも分かるとおりこれまでのWindowsのイメージを払拭した印象を覚える。

 

今回、Windows8がMetroUIを採用したことには訳がある。Windows製品は長らくPC用のOSとしては圧倒的なシェアを獲得してきた。これは事実だ。
しかしながらその一方でマイクロソフトはそれ以外の分野では苦汁をなめてきたとも言える分野がある。それは携帯電話やスマートフォンだ。

また、近年はChrome OSやHPのWeb OSなど新たなライバルの出現もあり、これまでの戦略を大きく変える必要が出てきたこともある。

あらゆる面での一定のシェアを達成するために、まずは手を出しやすいタブレット分野にターゲットを絞り、携帯電話でも同じ操作性をWindowsで提供するために採用したのだろうと推測できる。同じ操作性を複数のデバイスで実現・提供できれば、それはおのずとユーザーに対する一定のアピールになる。

あくまでもマイクロソフトは1つの製品でカバーできる範囲を広げようというのだ。そのためにWindows8では指による操作を新たに採用する必要があったのだという見方はおそらく正しいだろう。

この見方はアプリケーションにも言えることである。マイクロソフトではWindows8でのアプリケーション構成をHTML5、CSS、JavaScript等のwebベースであることも公表している(もちろん、既存とのWindows7アプリケーションとの互換性も採用する予定だ)。
この動きも実はこれまでのCPUに依存してきたバイナリレベルでの互換性を廃して複数の製品に同じものを提供できうることをも指すのだ。マイクロソフトもいよいよOSレベルでwebベースへの進化をしようとしている。
まさに、Windows8はこの第一歩となる。

 

話を整理すると、ライバルと比べて将来的に見劣りするような部分や苦手だったジャンルをこのタイミングで回復しておこうというのがWindows8の主な戦略だと筆者は見ている。
そのためにこれまでの互換性をどのように扱っていくのか。とりわけWindowsを使い続ける一番の理由は過去の資産の運用だ。この点については今回は「互換性は保つ」としているがそれがいつまでのことなのか。これからの動向に注目したい。

 


2011/06/06 18:38訂正

新しいUIの名称を「タイルUI]としておりましたが、正しくは「Metro UI」でした。訂正してお詫び申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*