時代は新時代のネコ耳へ

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

時代は新時代のネコ耳へ

カチューシャタイプはもう古い。これからは自分の意志で動かそう。

ということで、Youtubeに「脳波で動くネコ耳」を紹介するビデオがアップロードされていたのでご紹介。紹介記事を書いたAFP BB NEWSによれば、

Neurowearと いうプロジェクトで開発されたこの装置の名前は「Necomimi」(ネコミミ)。ネコミミとはもちろんネコの耳のことだが、「Neco」の部分は 「ニューロ・コミュニケーション(neuro communication)」のそれぞれの単語の最初の部分をつなげたものでもある。

とのこと。

 脳の研究については世界中で行われている。その大部分は未だ解明されていない神秘の脳の構造や解析といったものが主流であるが、一方で分かってきた脳波をなにかしらのオペレーションに使用するという研究も盛んだ。たとえば、長岡技術科学大学 工学部の中川匡弘教授らは、人の脳波で電動車椅子を制御する技術を公開した(日刊工業新聞社 2011.03.09の記事)。
今回のネコ耳も一見すると遊んでいるようにも、ふざけているようにも、無駄に高い技術レベル・・・と感じる方もおられるだろう。しかし、このようなニューロコミュニケーションが発達、研究が進むことによって寝たきりや麻痺など対外的にうまく感情を表現できない方を補助する方法として実は非常にまじめな研究なのである。
また、言葉は話せない間柄(たとえばペットや植物)とのコミュケーションをも可能にするかもしれない。

ソーシャルメディアがネットでは主流となっているが、このようなコミュケーションもまた、ますますメディアとして進んでいくことを筆者は願いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*