地上波アナログ放送が本日終了(一部地域を除く)

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on Tumblr0Buffer this pagePin on Pinterest0Email this to someoneShare on StumbleUpon0Digg thisShare on Reddit0

地上波アナログ放送が本日終了(一部地域を除く)

正確には停波というより配信の終了となるが、2011年7月24日 12:00正午を以て一部地域を除いて全国のTV局において地上波アナログ放送およびBSアナログ放送が終了した。
先の東日本大震災にて被災した宮城県・岩手県・福島県は放送の終了を延期し2012年3月31日に終了する予定である。

なお、画像はtwitter上で出回っている虚構画像。如何に大事件などがない限り唯我独尊の道を究めるテレ東といえども、地上波アナログ放送を無視することはなかった(画像ではケロロ軍曹だが、当日はディズニー特集が放映されていた)。

AV watchの記事によれば、

6月24日現在の、宮城・岩手・福島を除いた受信インフラの整備(推計)は、受信障害対策共聴施設が対応済み800万世帯(99.7%)で7月24日まで に残り2万世帯(0.3%)も対応予定。集合住宅共聴施設は、対応済みが2,097万世帯(99.5%)で、「計画あり・周知済み」が8万世帯 (0.4%)、未対応が1万世帯(0.1%)。戸建住宅は対応済みが2,290万世帯、未対応が21万世帯。辺地共聴施設などを含め、33万5,000世 帯が未対応

とのこと。

Wikipediaによれば、日本のアナログテレビ放送は1953年(昭和28年)2月1日に日本放送協会 (NHK) のテレビ放送開始から始まり、1953年(昭和28年)8月28日に日本テレビ放送網にて民放の放送が開始したという。ちなみに、同年日テレが日本初の放送事故も起きたようだ。

ちなみに、停波するアナログの周波数は今後、「モバキャス」というスマートフォン等を対象とした新しいストリーミング配信を含むサービスへの利用が決まっている。
モバキャスではいわゆるワンセグに近い方式を採用し、30FPSとフルセグ放送並のフレームで提供できるという。

 

さて、筆者は実は完全には地上波デジタルに移行できていない(2011/07/24現在)。というのも、7月初等には住居アパートで地デジアンテナへの切替が行われ、地上波アナログ放送が事実上7月からは視聴できなくなっていた。
ひとまず、迅速にUSB経由の地デジチューナーでしのごうとしたのだが、ノートPCでの視聴では少々運用が大変なこともあり、また7月は非常に出張が重なった影響で、ついにこの日を「地デジ難民」として迎えることとなった。

もっと詳しく言うと、地デジチューナーは内蔵型であれUSB接続であれどのメーカーのものでもWindows7 64bitで使うには少々安定していないというのがネット上での認識で、事実、筆者のデスクトップでもブルーバックを多発してしまってまともに視聴できない状態に見舞われた。
そのため、別用途のノートPC(こちらはVistaだ)を急遽地デジ観賞用としている、といった具合。

そこで、ニコニコ生放送でどのような地デジ対応があるのか、視聴者に意見を求めてみた。すると、概ね以下のような対応があり得ると言うことが分かった。

(1)地デジ対応TVを購入する(人気ではREGZAかViyellaとなった)
(2)PS3+torneでブルーレイ環境をも包括した環境を購入する
(3)地デジチューナーのみを購入
(4)これを機に、TVとさよならする

筆者が有するアナログTVはSONY KV-28DX650である。この機種はスーパーファインピッチなFDトリニトロンではないものの、D4端子が2ヶ接続が可能となっておりFullHDコンテンツを表示可能(ただし、フルハイビジョンではない)。

このTVがまだまだ壊れずに元気に稼働しているため、(1)はかなり勇気の要る買い物だ。地デジかに対して一番問題視されている「買い換えによる資源ゴミの増加」については(相変わらずメディアは目をつぶっているが)、やはり気になる。

(2)は一見、ゲーム環境も整うしかなり広範囲に出来ることが増えるのだが、筆者はあいにくゲームを熱心にするわけではない(除外:モンハンシリーズ)ため、ブルーレイ環境を整えるのであればこれかもしれない。

(3)が一番無駄なく目的を達成する選択肢だ。ただ、今後TVが壊れてしまって買い換える場合に無駄になるとも言える。できればそのあたりも考慮しながら吟味したい。

(4)は毎朝「めざましテレビ」の長野美郷ちゃんに会えなくなるので論外(ニコニコ実況での毎朝の日課となっている、びごお弾幕を貼るお仕事が出来なくなる)。

けっきょく、その生放送上ではどれかに決めることが出来なかった。いっそ、ここまできたらもうちょっと腰を落ち着けて検討しようと思う。もはや地デジ化は成った。慌てる必要はもうないのだ。

[2011/07/26追記]
せっかくなので、上記のいすれでもない方法・・・つまり「PT2録画鯖の設置」に踏み切ろうと決断した。実はこのコンテンツを投稿する前にはPT2 Rev.Bを入手していたのだが、とくにそのことは書かずにいた。
PT2鯖の設置(というかこれから作るのだが)は、視聴難民問題とは切り話して語る必要があったからだ。

なお、PT2での録画鯖を作るとなるといずれは(1)を選択していくこととなる。なにせ上記でREGZAを選択しかけていたのはPT2鯖を運用することで、PCのみならずTVでもその録画ファイルを取り扱えるからだ。

その構築の状況報告については本サイトのBLOGカテゴリの方に譲ることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*