いよいよこの時期になって参りましたね・・・

久々の更新です。Bardoです。

もういくつねるとお正月。お正月には眼を血張らせながら福袋!ということで、ヴィレッジ・ヴァンガードの福袋を注文しておきました。

今回、実は初のヴレヴァン福袋なので、少々おっかなびっくりですがw

今回は、この画像にあるトランクが狙い。正直言うと、キャラメル色の奴の方が好みなんですがね・・・中身が「女子力UP」ってなってたから・・・いやまぁおっさんだしさぁw

そんなこんなで、この福袋の開封模様はもちろんニコ生で開封配信を行いますんで、みなさんお暇なら見てよね。

もちろん、福袋は他にも購入していきます。えぇ。散財確定です。アキバでまた要らないPC入りのしゃれにならないほど重い例の福袋とかも買おうと思ってます。保険でムラサキスポーツのやつも買いますw

 

ではではー。( ´Д`)ノ

当たったのか故障なのか

世界びっくりニュースによると、ブレゲンツ(オーストリア)が13日伝えた報道ではベハール・マーラク氏は3月26日にカジノのスロットマシンで大当たりを引き当てたが、その当選金額の支払いを拒否されたとしてカジノ側を相手取り提訴する予定なのだという。
以下、その引用

マーラク氏のスロットが表示したジャックポット金額は約4300万ユーロ。これについてカジノ側は確かにそう表示されていたことを認めながらも、「コンピューターチップの不具合が原因でこのような高額になってしまった」とあくまで表示エラーだと主張している。
これから両者は法廷で争うことになるが、その一方ですでにマーラク氏が同カジノに立ち入り禁止になっていることをORFは報じている。

マーラク氏にしてみれば目の前で確かに当たったという表示を見たのは事実であり、それがいかにコンピュータの不具合であったとしても、それはカジノ側の都合であって彼の所為に問題はなかったように思えるだけに、彼も諦めきれないのだろう。

カジノ側からすれば、コンピュータの不具合で損をするのはまっぴらごめんだ、しかも金額が金額だけに。

この騒動がどのような結末を迎えるかは分からない。