ロボコップ像、実現へ一歩近づく。

ロイターによれば、1987年に公開された映画「ロボコップ」のロボット警官の像を米ミシガン州デトロイトに設置する計画は、会員制交流サイト「フェイスブック」で募金が5万ドル(約417万円)以上集まり、実現へ一歩近づいたそうだ。
以下、引用。

 このプロジェクトの発端となったのは先週、デトロイト市長に対するロボコップ像の設置提案がツイッター上に書き込まれたことだった。その際、市長は現時点で像を設置する計画はないと返答したが、このにべも無い発言がインターネットで広まり再考を求める声が多く寄せられた。
市は今も設置の許可を出していないが、この件については検討していると説明。市の当局者は「この問題を気にかけている人がたくさんいることは認識している。しかし、ロボコップ像がデトロイトに最もふさわしいものであるか、今はまだ分からない」と述べた。

ロボコップといえば、ピーター・ウェラー(ロボコップ3ではロバート・バーク)が主役を演じたことでも知られる近未来のアメリカ・デトロイトを舞台にした映画作品(およびアニメやTVシリーズの総称)。ちなみに、時代は異なるが同じデトロイト州の警官といえばエディー・マーフィ演じるビバリーヒルズコップのアクセル・フォーリーや、サミュエル・L・ジャクソンのデトロイト・コップ・シティなど、刑事物の映画が多い。

そのロボコップの像を建てようという計画、http://detroitneedsrobocop.com/で進められているようだが、ここにFacebookの有志が募金が5万ドル(約417万円)もの寄付を集めたことで、また一歩実現へと近づいたようだ。

しかしながら、デトロイト市は態度を軟化しておらず、まだまだ実現には一山二山あるようだ。

このような彫像はゆかりの地にあって欲しいと思う筆者は(デトロイトに行くかどうかは別として)陰ながら応援したいところだ。
先頃日本では機動戦士ガンダムの等身大像の件でも、やはり存在としてそこにあるのとないのとでは、場所そのものへの関心も変わってくるもの。
ひいてはその土地の活性化にもつながるものだ。

【2011/08/13追記】
現在では初稿時点からさら1万ドル増となっているようだ。上記の画像は本日の17:00頃の金額。

Bloggerにお引っ越し

はい。こんにちは。Bardoです。こないだ忍者ブログにお引っ越ししたと思ったらBloggerに再度お引っ越しすることにしました。

忍者ブログで書いてきた記事は、移行したいものについては移行しておきました。一部の記事については引き継ぐ必要もないものだったので外しました。
さらにそれより前のLivedoorに戻りたいなぁとも思いましたけど、やはり会社売却の後いきなり規約が変更されてもなんだかな-と思いますので。使いやすいっちゃ-使いやすいのよね。Livedoor。

なんでお引っ越ししたのか?といえば、そんな明確な理由なんて特にないのでアレですがw
まーGmailも使ってるしね、ということでGoogleのBloggerに決めました。デザインテンプレートもいっぱいあるしね。

LightBox関連の対応に関しては、こちらでは対応しません。すいません。スクリプト改造するのが・・・というよりは、いろいろ調査すると画像を別サイトにアップする方法だったり、投稿する際に結局ひとくせある方法を使わねばならなかったりと外ではメールでの投稿が主となる俺のスタイルではたぶんあわなそうだな、というのが本音。

これからがんばりまーす。

【2011/09/12追記】
これは過去のエントリであり、現在は独自ドメインで運用しております。