ネット通販国内最大手amazon、ビデオ・オン・デマンド事業参入へ

Amazon-LogoYahoo!ニュース曰く、ネット通販では国内で最大手となるamazonが、日本国内向けの映像配信サービスをまもなく始めることがわかった。方式はこれまで多くの動画配信サイトでも採用されているVOD(ビデオ・オン・デマンド:視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴する事が出来るサービス)だ。

NHK、TBS、テレビ朝日など「全在京民放キー局」のコンテンツの他、映画等を提供する見通しだそうで、規模としてどの程度のになるのかはまだ未知数だが満を期して登場することになりそうだ。

いまのところ規模的にはまずは数万本とみられており、TSUTAYAとほぼ同等であろうと考えられるが、すでにamazonではコンビニなどでamazonギフトカード(電子マネー)を取り扱っており、これをこのVODにも使用することができるはずだ。ギフトカードで購入したあまりを有効に使用することができるようになれば、利用者としてもありがたい。

筆者は海外ドラマが大好きなのでそれらを中心に扱っているHuluに加入しているが、amazonがそれらをカバーしないとも限らない。ということで、こちらにも注目していこうと思う。

hulu 日本サービス開始

以前、「hulu、年内に日本上陸か」という記事で紹介した米国からの有料動画配信サービスが予想よりも早く2011/9/1、日本においてサービスを開始した。

そのときに筆者が予想した月額予想は1,500円であったが、1,480円とのこと。ほぼ予想は的中した感じだ。これは字幕などの付加価値を込みで試算したものだったが、米国と比較するとおよそ2倍の額とのことで、ネット上での反応ではその差を惜しむ声も聞かれた。

まずは無料1ヶ月トライアルがあるとのことで、ひとまずそのクオリティを確認するために入会してみるのもいいだろう(2011/09/03現在も適用中)。
無料に関する情報を以下に転載する。

今ご登録いただくと、1ヶ月間は無料でお試しいただけます。お試し期間中は全てのテレビ番組や映画をご覧いただけます。期間中にコンテンツにご満足いただ き、ご登録アカウントをキャンセルせず継続されると、お試し期間終了時に自動的に契約手続きが完了し、翌月分の月額利用料1,480円(税込)が請求され ます。1ヶ月の無料視聴期間中はいつでも登録をキャンセルいただけます。料金の請求も発生いたしません。また、無料トライアルはお一人あたり一回のみ提供 されます。

ただし、入会時にはクレジットカードの登録が必要(VISA,ライフカード,American Express,JCB,Diners Club international)とのこと。無料トライアルの期限が過ぎたら自動的に課金が始まるとのことなので、お試しだけという方は注意が必要だろう。

無料会員の登録を行わない場合でもラインナップにある「無料お試し動画」についてはそのまま動画の視聴が可能だ。日本でもおなじみの24-TwentyFour-やX-Filesなど海外ドラマがラインナップされているのでまずはご自分のPCで快適に視聴できるのかを確認する意味でも見てみるといいだろう。
なお、一部日本では放映されていないものもあるようだ。

筆者も確認してみたが、かなり快適に視聴してみることができた。PCでの推奨環境は以下の通り。

  • OS : Microsoft Windows XP SP2以上 ・ Mac OS X 10.4以上 ・ Linux
  • ブラウザ : Internet Explorer 7.0以上 ・ Firefox 2.0以上 ・ Safari 3.0以上 ・ Chrome
  • ソフトウエア : Adobe Flash Player 10.0.32以上
  • 設定 : JavaScript ・ Cookiesが有効

 

また、PCのみならずさまざまなデバイスで視聴できるのもhuluの強みだ。PS3やXBOXにも対応しているというのは日本のサービスではなかなか珍しいといえる。
また、インターネットテレビにも対応しているというから、サービスとしては非常に妙味をそそられる内容となっている。

昨今のスマートフォンにもしっかり対応しているので、たとえば出先で視聴するなどということにも対応する(快適に視聴するためにはWiFiでのブロードバンド環境が必要だろう)。
この頃は小型デバイスでの動画視聴やLIVE中継を視聴することも珍しくなくなってきている。

この点は素直にうれしいところだ。

 

さて。日本においてhuluをより楽しむための方法はないだろうか。

筆者は言わずもがなニコ厨なのだが、筆者が考えたのがニコニコ実況である。これはTV番組を見ながら(このアプリではTV放送を配信しているわけではないので映像や音は流れない)同じ番組を視聴したり聴取している他のユーザーとともにコメントしながら楽しもうというもの。

ユーザーチャンネルであらかじめ「○曜日の○○:○○からこの映画見るから一緒にhuluで見ながらコメントしようー」などと呼びかけておいて時間を合わせてみんなで同じ動画を見ながらさながらTVのロードショー時のようなことができるのではないだろうか、と考えた。

ユーザーが独自に作成することのできるユーザー作成チャンネルは2011年5月29日に廃止されてしまったので現在ではユーザー生放送を使用することになるかと思う。ユーザー生放送では告知用の画像なんかを用意して、権利問題に配慮しながらみんなでわいわいコメントを書きながら映画などを楽しもう、というものだ。

ユーザー生放送であればtwitterなどへの書き込みもサポートされているので、非常に有効な手段ではないか、と筆者は考えている。
実は、ことあるごとにtweetなどでニコニコ生放送の公式生放送有料チケットシステムをユーザーに開放して、見たい映画の視聴をニコ動画内だけで完結するようなシステムを切望している(これこそニコニコロードショーと呼べるものだろう)のだが、なかなか現実は難しいようで。

ならば、このような使い方を提案してみようと思い立った。画像はそのイメージ図。

なんにせよ、月額1,500円でコンテンツ見放題(映画もドラマも)というのは非常に強力だ。早速楽しんでいる方も、これから楽しまれる方もまずは1ヶ月間存分に楽しんでみたい。

とんでもないものが産声を上げる!?

日本のクリエイター達がまるで「俺たちはここにいる!」と声を発しているかのようだ。

2011/08/19。Youtube内にある東映特撮 YouTube Officialにある動画が投稿された。その名もREBELLIONS リベリオンズだ。

本日、twitterのオフィシャルアカウント先行告知されたのだが、予想以上の出来に、見た人からもかなり高評価を得ている様子。

以下、引用(リンクについては当サイト側で追加させていただいた)。

東映デジタルセンター・ツークン研究所製作のデモムービーが東映特撮YouTube Officialにて初公開!!
監督・坂本浩一、コンセプトデザイン・木村俊幸、キャラクターデザイン・韮沢靖、コスチュームデザイン・竹田団吾、バイクデザイン・竹内敦志という才能豊かなクリエイター陣と東映&ツークン研究所最新VFX技術のコラボレーションによって実現した新感覚”特撮”映像をお楽しみください!

【キャスト】
長澤奈央佃井皆美紗綾

【スタッフ】
監督・アクション監督:坂本浩一

REBELLIONS(リベリオンズ)×Facebook
Facebookで「リベリオンズ」を検索するとファンページにアクセスできます!

*REBELLIONS(リベリオンズ)×Twitter
Twitterアカウント:RebellionsStaff
http://twitter.com/RebellionsStaff

さっそく、筆者も期待感を膨らませて視聴させていただいた。

ナレーションによれば、「宇宙細胞φ(ファイ?)の移植により、人間からの進化を遂げたエンジェル達は人類絶滅を宣言。絶望的な状況のなか、エンジェル達に反旗を翻す集団が現れる。-この物語は運命を呪い、復讐の炎に身を焦がす、堕天使達の戦いの記録である。」らしい。

お聞きしたところ、この方々が「エンジェル」様らしい。みたところ我々が想像するような天使の輪や翼などはないようだ。

 

 

 

そんなエンジェルさんたちの前に颯爽とバイクの二人乗りで現れた、二人の美女。ノーヘルなのはつっこまないので安心して欲しい。

この二人がエンジェルさんたちに反旗を翻した集団なのか。

 

 

一人は肉体言語をつかってエンジェルさんたちと対話するようです。服装がメイドチックでゴスロリチックで、髪はツインテとシュシュ。一部の方には絶対にウケのよい完全無欠です。

 

 

 

もう一人はエンジェルさんたちとバイクツーリング。一瞬、某ゲームのPVのワンシーンのような錯覚を覚えましたが錯覚です。
ちなみにこのバイク、よく見ると2人乗りではないような・・・。

自らをバイクに姿を変えたエンジェルさんたちと千鳥走行を楽しんだのち、銃でやっちまいます。

一瞬だけなので少々勘も入っているのだがタイヤが並列(つまり計4本のタイヤを前後2ヶずつ)だったような感じがある。そのようなバイクは寝かせることが非常に困難なので、ドリフト走行を基本としているのだろう。

バイクという乗り物は、自転車に乗っている方であれば分かるがスピードを乗せたままカーブを曲がろうとする場合、バンク・・・つまり車体を傾けて遠心力とのバランスを取ることになる。
そのため、二輪車のタイヤというものは輪切りにすると丸い形状なのである。車が逆に四角いのは重い車重のために遠心力に負けないよう接地面を稼いで摩擦係数を増やしているため。

  

ところ変わってなにやらアジトのような場所で光る少女からエンジェルさんの情報を得ている様子。二人のボスなのか・・・。
ずいぶんとサイバーチックなアジトに潜んでいらっしゃる。

そして一番肝心なことに、二人の名前が分からない。光る少女の名前も分からない。まっったく謎の集団。

分かっているのはエンジェルさんだけ。

動画の最後の方で、長澤奈央嬢が演じているのが「リン」という事が分かる。

 

そしてこの顔である。

おおきいお友達エンジェルさんが現れたとき、なにやら血管のようなものが浮きまくり、白目が赤目に、眼は猫のような獣的な感じに変化した様子

ここで冒頭のナレーションを思い出して欲しい。「堕天使」・・・。そう、彼女らは元エンジェルさんではないだろうか。冒頭のたくさんのエンジェルさんたち遠ない。いっぱいいたのでAGL48ぐらい組めそうである。

ということで、大変失礼ながら若干おふざけ気味に動画の内容を紹介してみた。なぜふざけたのかというと、一言一句動画の中身を書きそうになってしまうためだ。許して欲しい。

さて、動画の最後にはこんなメッセージがあった。

英語と日本語のハイブリッドなこのメッセージ。動画がUPされているのはYoutube。もはや日本国内に収まらないということなのだろうか。筆者としても、このリベリオンズは是非とも完成させていただきたい。この記事は残念ながら微力すらないので助けにはならないだろうが願わずにはいられない。

 

さて、リベリオンと聞いて思い出す諸兄もいるだろう。2002年公開の近未来SF『リベリオン』(原題:Equilibrium)だ。この映画のリベリオンは邦題だが、どちらも「反逆・謀反」という意味合いが込められている。
この映画がヒントになるかどうか・・・は分からないが、長澤嬢演じるリンは銃を持っていた。もしかすると完成の暁には和製ガンカタがお披露目となるのかもしれない。

GW最終日は、まったり映画

こんにちはー。Bardoでっす。

ここ最近満足に休んでなかったということで、昨日今日と十分に休息の時。自宅でまったりテレビやら映画やらを観ております。
出かけなきゃいけないこともないんですが(用事もあるといえば、ある)、ここは出歩かずにまったりすごそうかと思います。

ということで。

かねてからニコ生でもたびたび登場させてきた「Jolly Roger: Massacre at Cutter’s Cove」・・・ジョリー・ロジャー ~レジェンド オブ パイレーツ~をこれから観ようと思うのです。映画の情報については「映画 MOVIE-FAN」さんのページをご覧ください。

ちなみに生放送上では知らなかったんですが正確には「ジョリー・ロジャース=海賊旗」そのものを指す言葉だそうで。Wikipediaによれば、『初出は1724年に出版されたチャールズ・ジョンソンの『海賊史』である。その中でジョンソンは1721年バーソロミュー・ロバーツ1723年にフランシス・スプリッグスという海賊がそれぞれの旗を「ジョリー・ロジャー」と名づけたと引用』したのだそうです。
その語源はフランス語でjoli rouge (英語では pretty red)・・・日本語でもっともふさわしいのは真紅(深紅)かな?という言葉訛ってJolly Rogerとなった、らしい。
また、18世紀では悪魔のことをオールドロジャーと呼んでいたのですが、これが悪魔のような奴らという意味でジョリー・ロジャーとなった、とも言われているらしい。

こればっかりはワンピースの尾田先生が出典を明らかにしない限りは真相解明はできないのですが、まぁ「ゴール・D・ロジャー(通称:ゴールド・ロジャー)」は海賊の象徴であるジョリー・ロジャーで大きく外してはいないでしょう。人であったかどうかはさておいて。

つーわけで、早速観よう。

ちなみにですな。副題である「レジェンドオブパイレーツ」でググると他の作品が引っかかるのでご注意ください。
また、「ジョリー・ロジャー」でググると左の画像のように要所要所でバーローが登場しますのでご注意を。

【2011/8/11追記】
初稿時よりGoogleの仕様変更があったようで改善されたようです。

EVOLUTION

今日の金曜ロードショーはEVOLUTION。X-FILESのデビット・ドゥカブニーが主演しますね。DVD持ってますけどもちろんTVでも観るわけです。そろそろ始まるね。

この映画、画像にもあるとおり「スマイルマーク」が三ツ目になってるんですよね。これ見たときに、すっげー秀逸な表現だなぁと思ったんですよ。
一般的なスマイルマークはもちろん二ツ目なわけですが、進化というテーマを三ツ目にすることでとってもわかりやすくしている。

古来から宗教上においても三ツ目というのは人智を越えた存在として捉えられていて、サザンアイズなんてな漫画でもでてきますな。あ、ドラゴンボールの天津飯も三ツ目だね。

このマークを考えたときはよもやそのようなアジア系の宗教上にそういった概念があるなんて気にしなかったと思うんだけどね。 でもなんだか妙にハマってる。

そんなわけで、このマークが非常にお気に入りなのです。ちなみに。スマイルマークって実は「スマイリー」といって、登録商標になってるそうです。ただ、それはまぁゴニョゴニョあるそうでここではちょっと置いておきます。
また、この映画の監督はゴーストバスターズのアイヴァン・ライトマンです。そう、この映画は幽霊の代わりに宇宙から飛来した生物と戦うわけで。ノリがですね、いっしょなのw

それに曲がいちいち最高w

Play that funky musicももはや定番すぎるくらい定番なFUNK!そして効果音もよくよく聴けば要所要所でノリノリっす。

そして忘れちゃいけない、ダン・エイクロイド(ゴーストバスターズ出演)もお見逃しなく!

さ、楽しもう。