ニコニコ超会議2015 雑多な画像(お姉さんはなし)

俺達のクラブが戻ってくるぞー!

tiltshift日本経済新聞曰く、政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)は12日、客にダンスと飲食をさせる営業とダンス教室について、風営法が定める風俗営業から外すべきだ との提言をまとめた。提言は「優良企業が参入を見合わせるなど、健全なダンス文化や関連産業の発展の支障になっている」と指摘。風営法所管の警察庁に同法 改正案の策定を促すそうだ。

以前にもこのサイトではこの問題について記事をいくつか掲載をしてきた(その他にも石野卓球氏参加のイベントの事件なども)。ようやく、クラブシーンにダンスが戻ってくる、その第一歩が踏み出せた。

まだ正式な法整備はこれからだが、これまでのまったく意味の分からない状況がやっと改善の方向へと進んだことになる。

諸事情により、なかなか関連記事を掲載することについて継続できなかったこと、まずはお詫びしたい。

Continue Reading →

ダンス規制解除を求め、様々な動きが。

これまでにも「僕たちの遊び場を縛るな! 2011/3/4」そして「石野卓球氏参加のイベントが警察により摘発 2012/4/15」を書いたが、その後また新たな動きがあったのでここに紹介しよう。

毎日新聞によれば、<風営法>ダンス規制削除を 坂本龍一さんら署名活動へと題して公開された記事にて、坂本龍一氏他有志の方々が風営法の規制対象となっている「ダンス」を削除する法改正を求めるために請願署名活動を始めたことが報じられた。
坂本龍一氏といえば、これまでにも音楽によって世界との関わり合いを築いて行かれた方でもあり、風営法によるクラブイベント摘発の動向を注視していた筆者にとっては「ついに山が動くか」という思いだ。 Continue Reading →

また物議を醸しそうなiPhoneアプリが登場!

以前、世の男性に恐怖を与えたカレログというiPhoneアプリについて記事にしたが、今度は一歩間違えばちょっと洒落では済まされないようなアプリが登場した。

その名も「Zang Pang」。こう書くとピンと来た方もいるだろう。そう、「残飯」という名のアプリである。

このアプリ、どのように使うかというと、飲み会や外食の時に、ついつい食べきれない量の料理を頼んでしまってもったいない・・・というときに「その残りを食べてくれる人」をこのアプリで募集、また空腹な人はこのアプリで周辺に募集している人を検索し、「実際にお店まで行って」その残りを食べる。こうして残り物がなくなる=画期的なアプリらしい。 Continue Reading →

日本でまず危機管理としてやる事

時事ドットコムによれば、古川元久国家戦略担当相は16日、簡易ブログ、米ツイッターのディック・コストロ最高経営責任者(CEO)と内閣府で会談し、政府が進める災害時のITインフラの構築に向け連携することを確認したとのことだ。
古川戦略相は会談後「さまざまなソーシャルメディアとの幅広い協力体制を考えていきたい」と記者団に語ったそうだ。

災害時に安定して情報を提供できるようにする、先の痛ましい3.11の教訓を生かし使えるものはなんでも積極的に使っていこうではないか、という動きの一つと見られる。
だが、この動きだけを評価するのならば少々片手落ちだな、と言わざるを得ない。 Continue Reading →