新しいサイトを立ち上げます。

zombieinaheadどもどもー。

このたび、インターリンクさんが新たに申請して認められましたgLTDである「moeドメイン」で募集されていたファウンデーションプログラム。これに応募しましたところみごとに採用いただきまして、新しいサイトを近々開始する運びとなりました。
開始予定が 2014.8.1 なのでもうすぐそこまできております。正直、間に合うのかどうかわかりません(汗)。

ゾンビ好きなBardoがお送りする、ゾンビフリークのための情報局(というのは完全に虚勢を張ってますが)、「ゾンビ萌え」であります。ゾンビに萌えを感じる、貴方のためのサイト。
zombie.moe

Continue Reading →

ニコニコ動画 → niconico Zero へ。原点回帰がテーマ・・・だがっ!

平成24年5月1日(火) 12:00をもって「ニコニコ動画(原宿)」が新しいバージョン「niconico Zero」へ切り替わった。ここではユーザー視点で変化したところを解説しながら、筆者が個人的に感じた部分を遠慮することなくぶつけてしまおう。twitter上でのZeroに対する意見もここでは参考にさせていただいた。

一般会員(無料)にはまだ公開されていないため、現時点での速報としてもなるべく全般にわたって紹介する予定だ。 Continue Reading →

カレログ、McAfeeにウィルス認定さる

先日お伝えした「恋する乙女はこのようなサービスを求めるのか」という記事で紹介したカレログというサービス、アンチウィルスソリューションを手がける業界大手のMcAfeeによって、ウィルスと認定されたことが明らかになった。

McAfeeでは、危険性そのものは「低」と診断されているが、公にサービスを展開しているアプリがウィルス認定を受けるのはそうあることではない。

このことについてはカレログからまだ正式なアナウンスはないが、百猿も含めて様々なサイト、ブログ上での反響を受けてお詫びを自サイトに掲載している。

以下、その抜粋。

 

特に、端末所持者本人との同意の上で利用できるサービスである旨を再三にわたって確認するような登録システムの採用、並びに規約を違反した不正使用 があった場合の強制退会措置などプライバシーの保護におきましては、配慮をしてきたところではありますが、「本人との合意を得たという担保が不十分であ る」という多くのご意見を賜りました。
人権についての配慮をされておられる団体様をはじめとして、もっとアプリ使用の同意を確認するための措置を講じるべきだ、というご意見です。この点におきましては技術的に、またサービスとしてどういう対応が可能か、早急に検討、対応する所存です。

また、一部からは「男性差別を助長する」「男には何をしても良いのか」というご意見も賜りました。
アプリ名「カレログ」からのイメージもあると思いますが、私どもにはそのような偏った思想はございません。

  • 「お互いにアプリを入れあえると便利」
  • 「緊急時の所在確認ができるようになって欲しい」
  • 「子供の保護に使えないか」
  • 「介護の一助になる機能にはならないか」

等の、ありがたい建設的なご意見もいただきました。

また、多くのメディア様にもお問い合わせいただき、こうした私どもの取り組みを理解して頂けるメディア様には取材に応じさせていただいております。
現在、段階的なバージョンアップにて、これら皆様の声に応えていく所存です。

百猿でも、インストールした携帯の持ち主にSMSなどで定期的に確認をとるように老婆心ながら提言した。もともと心配性な彼女さんが少しでも安心できるようにということで生まれたであろうサービス。しかしその裏で悪意をもった使い方をされても防御できないということを前回は指摘し、そういった声を受けて改善するという。
今後に注目したい。

※だがしかし、アプリの挙動的にはキーロガー(マルウェア)とされてもそれは否めないのだが。

hulu 日本サービス開始

以前、「hulu、年内に日本上陸か」という記事で紹介した米国からの有料動画配信サービスが予想よりも早く2011/9/1、日本においてサービスを開始した。

そのときに筆者が予想した月額予想は1,500円であったが、1,480円とのこと。ほぼ予想は的中した感じだ。これは字幕などの付加価値を込みで試算したものだったが、米国と比較するとおよそ2倍の額とのことで、ネット上での反応ではその差を惜しむ声も聞かれた。

まずは無料1ヶ月トライアルがあるとのことで、ひとまずそのクオリティを確認するために入会してみるのもいいだろう(2011/09/03現在も適用中)。
無料に関する情報を以下に転載する。

今ご登録いただくと、1ヶ月間は無料でお試しいただけます。お試し期間中は全てのテレビ番組や映画をご覧いただけます。期間中にコンテンツにご満足いただ き、ご登録アカウントをキャンセルせず継続されると、お試し期間終了時に自動的に契約手続きが完了し、翌月分の月額利用料1,480円(税込)が請求され ます。1ヶ月の無料視聴期間中はいつでも登録をキャンセルいただけます。料金の請求も発生いたしません。また、無料トライアルはお一人あたり一回のみ提供 されます。

ただし、入会時にはクレジットカードの登録が必要(VISA,ライフカード,American Express,JCB,Diners Club international)とのこと。無料トライアルの期限が過ぎたら自動的に課金が始まるとのことなので、お試しだけという方は注意が必要だろう。

無料会員の登録を行わない場合でもラインナップにある「無料お試し動画」についてはそのまま動画の視聴が可能だ。日本でもおなじみの24-TwentyFour-やX-Filesなど海外ドラマがラインナップされているのでまずはご自分のPCで快適に視聴できるのかを確認する意味でも見てみるといいだろう。
なお、一部日本では放映されていないものもあるようだ。

筆者も確認してみたが、かなり快適に視聴してみることができた。PCでの推奨環境は以下の通り。

  • OS : Microsoft Windows XP SP2以上 ・ Mac OS X 10.4以上 ・ Linux
  • ブラウザ : Internet Explorer 7.0以上 ・ Firefox 2.0以上 ・ Safari 3.0以上 ・ Chrome
  • ソフトウエア : Adobe Flash Player 10.0.32以上
  • 設定 : JavaScript ・ Cookiesが有効

 

また、PCのみならずさまざまなデバイスで視聴できるのもhuluの強みだ。PS3やXBOXにも対応しているというのは日本のサービスではなかなか珍しいといえる。
また、インターネットテレビにも対応しているというから、サービスとしては非常に妙味をそそられる内容となっている。

昨今のスマートフォンにもしっかり対応しているので、たとえば出先で視聴するなどということにも対応する(快適に視聴するためにはWiFiでのブロードバンド環境が必要だろう)。
この頃は小型デバイスでの動画視聴やLIVE中継を視聴することも珍しくなくなってきている。

この点は素直にうれしいところだ。

 

さて。日本においてhuluをより楽しむための方法はないだろうか。

筆者は言わずもがなニコ厨なのだが、筆者が考えたのがニコニコ実況である。これはTV番組を見ながら(このアプリではTV放送を配信しているわけではないので映像や音は流れない)同じ番組を視聴したり聴取している他のユーザーとともにコメントしながら楽しもうというもの。

ユーザーチャンネルであらかじめ「○曜日の○○:○○からこの映画見るから一緒にhuluで見ながらコメントしようー」などと呼びかけておいて時間を合わせてみんなで同じ動画を見ながらさながらTVのロードショー時のようなことができるのではないだろうか、と考えた。

ユーザーが独自に作成することのできるユーザー作成チャンネルは2011年5月29日に廃止されてしまったので現在ではユーザー生放送を使用することになるかと思う。ユーザー生放送では告知用の画像なんかを用意して、権利問題に配慮しながらみんなでわいわいコメントを書きながら映画などを楽しもう、というものだ。

ユーザー生放送であればtwitterなどへの書き込みもサポートされているので、非常に有効な手段ではないか、と筆者は考えている。
実は、ことあるごとにtweetなどでニコニコ生放送の公式生放送有料チケットシステムをユーザーに開放して、見たい映画の視聴をニコ動画内だけで完結するようなシステムを切望している(これこそニコニコロードショーと呼べるものだろう)のだが、なかなか現実は難しいようで。

ならば、このような使い方を提案してみようと思い立った。画像はそのイメージ図。

なんにせよ、月額1,500円でコンテンツ見放題(映画もドラマも)というのは非常に強力だ。早速楽しんでいる方も、これから楽しまれる方もまずは1ヶ月間存分に楽しんでみたい。

サイトの再構築・・・ぐはぁ

これまでのサイト構成(WordPressのマルチサイト)から一本化しようということで四苦八苦していたところで画像データがいってしまいました・・・。
いま、復旧作業中なので画像がない、画像リンクが正常に働かないなどがあるけども、これはこれからがんばって復旧していこうと思う。すでに同じ画像はない(というか消えてしまった)ので、Googleさんなどどで近いものなんかを取り寄せながらですけども。

ま、しようがないですよねー。

そのため、記事を書いたときの画像とは微妙に違ってる場合もあるかと思いますけど、まぁ気にしないでねー。

あと、記事のURLを改訂しましたので、過去のtweetからのリンクはすべて無効になっちゃいました・・・まぁマルチサイトからの統合ということでこれはある意味でしようがないかなぁと思っていたりします。なんかてがあるという話もチラホラあるようではありますが、リスタートするということでもあるのでそのままで・・・。

あ、そうだ。せっかくだから過去の記事にも適当に画像仕込んでおこうかな。

画像はニコニコ静画(http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im841636)から拝借しました。今の俺の状況にぴったりw