新しいサイトを立ち上げます。

zombieinaheadどもどもー。

このたび、インターリンクさんが新たに申請して認められましたgLTDである「moeドメイン」で募集されていたファウンデーションプログラム。これに応募しましたところみごとに採用いただきまして、新しいサイトを近々開始する運びとなりました。
開始予定が 2014.8.1 なのでもうすぐそこまできております。正直、間に合うのかどうかわかりません(汗)。

ゾンビ好きなBardoがお送りする、ゾンビフリークのための情報局(というのは完全に虚勢を張ってますが)、「ゾンビ萌え」であります。ゾンビに萌えを感じる、貴方のためのサイト。
zombie.moe

Continue Reading →

Facebook、新たなボタンを追加予定か

untitledCNET Japan曰く、Facebookはこれまでソーシャルボタン「Like!」、日本語版での「いいね!」とは別に、悪い知らせに対する「Sympathize」、日本語では「同情」・・・表現するなら「わかる」ボタンだろうか・・・の提供を検討し始めたという。

これまで、Facebookの自分のページに記事をリンクする場合、「好意的」という意味でしか行うことができなかったが、たとえば悲報などあきらかに悔やみの意味を込めたリンクまで「いいね!」というのはいかがなものだろうか?という議論は国内でもたびたび繰り返されてきた。
今回、こういった感情(エモーション)のバリエーションが様々な場面で切り替えて使用できるようになるかも知れない。 Continue Reading →

メディアの移り変わり:文字、映像、声 … 実はこの繰り返し

untitledIT Meidaニュース曰く、Yahoo! Japanと音声投稿アプリ「Bubbly」を提供するシンガポールに拠点を置くBubblyは11/15、両社の連携第1弾としてBubblyの日本版WebサイトをYahoo!知恵袋内にオープン。今後、同サービスはYahoo!知恵袋と連携し、検索結果に連動して音声投稿も表示・共有するということらしい。

現状では、Yahoo! Japanの検索における1コーナーといった感じだ。

なぜQAコーナーと連動する必要があるのか筆者にはよくわからない。思いつく限りでは「この歌ってなんでしたっけ?」と鼻歌で歌って質問したら回答が得られる、そういう感じで今後カスタマイズされて使われていくのかもしれないが、この発表ではシチュエーション的には逆だ。 Continue Reading →

また物議を醸しそうなiPhoneアプリが登場!

以前、世の男性に恐怖を与えたカレログというiPhoneアプリについて記事にしたが、今度は一歩間違えばちょっと洒落では済まされないようなアプリが登場した。

その名も「Zang Pang」。こう書くとピンと来た方もいるだろう。そう、「残飯」という名のアプリである。

このアプリ、どのように使うかというと、飲み会や外食の時に、ついつい食べきれない量の料理を頼んでしまってもったいない・・・というときに「その残りを食べてくれる人」をこのアプリで募集、また空腹な人はこのアプリで周辺に募集している人を検索し、「実際にお店まで行って」その残りを食べる。こうして残り物がなくなる=画期的なアプリらしい。 Continue Reading →

日本でまず危機管理としてやる事

時事ドットコムによれば、古川元久国家戦略担当相は16日、簡易ブログ、米ツイッターのディック・コストロ最高経営責任者(CEO)と内閣府で会談し、政府が進める災害時のITインフラの構築に向け連携することを確認したとのことだ。
古川戦略相は会談後「さまざまなソーシャルメディアとの幅広い協力体制を考えていきたい」と記者団に語ったそうだ。

災害時に安定して情報を提供できるようにする、先の痛ましい3.11の教訓を生かし使えるものはなんでも積極的に使っていこうではないか、という動きの一つと見られる。
だが、この動きだけを評価するのならば少々片手落ちだな、と言わざるを得ない。 Continue Reading →