ニコニコ超会議2015 雑多な画像(お姉さんはなし)

[実況]極寒地獄!24時間食わずに大阪をひたすら歩き続ける放送

※この記事は、配信中のニコニコ生放送の内容を実況系式でリアルタイムに更新しております。諸事情により、更新が停止することがあります(記事ははじめの6時間分です)。

[2014/11/30 12:00開始]

untitled12:00 開始
12:01 緑と野田は別ルートを行くらしい
12:02 どのルートを行くべきか、アンケ 国1か175号線
12:02 緑は国1、野田は175号線に決定

 

  Continue Reading →

[追跡実況のお知らせ]暗黒放送 極寒地獄!24時間食わずに大阪をひたすら歩き続ける放送

untitledこんにちは、Bardoです。
またしても長らく筆不精な日々でしたね、すいません。

ってことで、これです。毎度おなじみのniconicoが展開するチャンネル「暗黒黙示録」(ユーザー生放送である暗黒放送Kがチャンネル化し有料となったもの/ただし配信は無料で視聴が可能)が2014/11/30(日) 開場:11:57 開演:12:00として配信する企画「暗黒放送 極寒地獄!24時間食わずに大阪をひたすら歩き続ける放送」を、リアルタイムで実況更新していくというものです。
ノリ的にはけっこう悪乗り気味ですので、その辺りはご了承願いたい。

思えば、過去に「暗黒放送Q 極寒地獄で48時間ウォーキングに挑む者たち」シリーズとしてお届けしたが、その流れをくむものである。以下、主催の横山緑が出演者に課したルールである。だが、これはおそらく全くと言っていいほど守られることはないだろう。

大阪で24時間ひたすら歩き続ける。罰ゲーム
ルール
●24時間連続で寝ない。
●なれ合い、出会いを目的としない
●雨天決行
●リア凸者から古事記をしない
●受信料禁止
●休憩は60分につき5分以内
●トイレ休憩はOk
●固形物(ゼリーを含む)の飲食禁止
以上、配信ページより引用

ということで、もう少しで開場する。なお、当初は24時間突き合うつもりでいたのだが、状況によっては就寝もするし、明日の朝には仕事にも出かける。この辺りも重ねてご了承いただきたい。

ネット通販国内最大手amazon、ビデオ・オン・デマンド事業参入へ

Amazon-LogoYahoo!ニュース曰く、ネット通販では国内で最大手となるamazonが、日本国内向けの映像配信サービスをまもなく始めることがわかった。方式はこれまで多くの動画配信サイトでも採用されているVOD(ビデオ・オン・デマンド:視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴する事が出来るサービス)だ。

NHK、TBS、テレビ朝日など「全在京民放キー局」のコンテンツの他、映画等を提供する見通しだそうで、規模としてどの程度のになるのかはまだ未知数だが満を期して登場することになりそうだ。

いまのところ規模的にはまずは数万本とみられており、TSUTAYAとほぼ同等であろうと考えられるが、すでにamazonではコンビニなどでamazonギフトカード(電子マネー)を取り扱っており、これをこのVODにも使用することができるはずだ。ギフトカードで購入したあまりを有効に使用することができるようになれば、利用者としてもありがたい。

筆者は海外ドラマが大好きなのでそれらを中心に扱っているHuluに加入しているが、amazonがそれらをカバーしないとも限らない。ということで、こちらにも注目していこうと思う。

[後記]暗黒放送P 地獄の山手線ウオーキング1 15:00~21:00

2012年8月4日 15:00。この日、ニコニコミュニティ「暗黒放送P」において前回「地獄の48時間ウオーキング」と題して行われたニコニコ歩こう会。48時間寝ずに歩き続けるという暴挙を犯し、ついには泣き崩れて壊れてしまうという事態にまで発展したこの企画。

今回は「地獄の山手線ウオーキング」と題し、内回り組と外回り組に分かれてどちらが先に一周するか勝負する企画として行われた。
前回ほぼ全体にわたってリアルタイムで追いかけながら記事を書かせていただいたが、今回は実際に筆者もウオーキングに参加した。これはその記録である。

当然ながら、リアルタイムで記事を更新することは非常に困難であるため、参加してみた後日談などがメインとなることをお許し頂きたい。
また、平日は筆者も自身の仕事のため、長時間企画のタイムシフト再生にすべて目を通すといったことは難しかった。この点についてはニコニコ動画およびYoutubeにあがっている動画を大いに活用させていただいた。
ここであらためて録画職人には多大なる感謝の意をお伝えしたい。

なお、今回は2チームの動向をなるべく時系列が同じになるよう配慮したので、多少時間が前後したものになっていること、文章もいつもの記事とは異なり暗黒風味というか口汚くなることも併せてご了承いただきたい。 Continue Reading →